このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

58歳の女性のボケ防止体験談について

58歳の女性のボケ防止体験談について

ボケ防止の秘訣:規則正しい食生活と睡眠をとるようにしています。

60歳に近くなってくると、自分が認知症になるのではないかと心配になることがあります。

特に人の名前が思い出せなくなったり、いろいろなことを簡単に忘れてしまっていることに気づいたりすると、認知症なのではないか、と不安になります。

しかし、そういう風に自覚があるうちはまだ認知症にはなっていないというようなことを聞いて安心しています。そろそろ認知症になってもおかしくない年齢になってきましたので、食生活には特に注意してください。

私はもともと魚が好きなのですが、認知症予防のために、青魚を積極的に食べるようにしています。

アジ、サバ、サンマ、イワシなどの青魚を積極的に食べることで、DHAが摂取されて脳を活性化させることができるのです。

青魚を食べている人たちは食べていない人たちに比較的には、アルツハイマー型認知症になる割合が6分の1になるという研究結果もあることなので、魚を食べることはとてもいいことだと思います。

そして、コーヒーを飲むようにしています。私はあまりコーヒーが得意ではなかったのですが、ミルクとお砂糖を入れると美味しく飲めるので、ミルクコーヒーにしてコーヒーを飲んでいます。コーヒーに含まれているカフェインやマグネシウムが認知症予防になるということです。

そして、有酸素運動をするために、ウォーキングをしています。そのためにスニーカーを買って、歩きやすくして40分くらい毎日歩いています。

雨の日はダメですが、晴れている日は毎日歩いています。そして、友達と定期的に会って、一緒にランチを食べながらお話をするようにしています。コミュニケーションをとることが脳を活性化させて認知症にいいようです。

同じ話を何度もするようになったら、友達がきっと教えてくれるだろうと思っています。友達とのひと時は楽しくて、それだけでも脳の活性化がされるようなかんじがします。

それから、私はピアノの演奏をしています。今は電子ピアノなのですが、ヘッドホーンで聴けるので、騒音にならず楽しんで演奏できるので、好きな曲を演奏して指先を使うようにしています。ピアノの演奏は認知症予防になると思います。とても楽しくていいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です