このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

野菜は1日350g以上取る

野菜は1日350g以上取る

野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり

野菜は、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なアルカリ性食品です。また、水分も多く含むので、尿量が増加し、尿酸の排泄量をふやしてくれるという効果もあります。しかも、野菜は低カロリーなので、たくさん食べても心配ありません。

野菜は、生で食べるよりも、煮る、ゆでる、蒸す、炒めるなどの方法のほうが、たくさん食べられます。

野菜に多いビタミンCには、痛風発作の原因となる尿酸塩を排泄する作用があるとされています。

ただし、ビタミンCは、水にとけやすく熱に弱いという性質があるので、手早く調理する必要があります。

また、生で食べる場合は、マヨネーズやドレッシングに含まれる塩分に注意しましょう。

緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく食べる

野菜の1日の摂取目標量は350gです。理想的には、野菜の中出も緑黄色野菜(ブロッコリー、ほうれんそう、にんじんなど)から3分の1(120g)、のこりの3分の2(230g)を淡色野菜(キャベツ、なす、カリフラワーなど)からとるとよいといわれています。

ほとんどの野菜は、プリン体を少量しか含んでいませんので、積極的な摂取がすすめられます。中には、カリフラワーやブロッコリーなどのように、100gあたり50mg以上のプリン体を含む「プリンリッチ野菜」と呼ばれるものがありますが、これらはたくさん食べても通風の発症には関係しないといわれています。

ポイント:野菜に多く含まれるビタミンCには尿酸の排泄を促進する働きがある

野菜の1日の摂取目標は350g。低カロリーなのでたくさん食べてもよい

緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく食べることが大切



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です