このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

運動することで健康になり、病気にも効き目がある?運動しよう!

運動することで健康になり、病気にも効き目がある?運動しよう!

皆さんが「運動療法」と聞いて、思い浮かぶ運動は何でしょうか。

ウォーキング、ジョギング、自転車、水泳などが多いでしょうか。

いわゆる有酸素運動は以前からすすめられていて、皆さんも良くご存知だと思います。

でも、実は最近では、筋カトレーニング運動の必要性・有効性が明らかになってきていて、

今の運動のガイドラインでは、有酸素運動とともに、禁止されていなければレジスタンス運動も必ず週2なっているのです。

けれども、そのようなことを知っている方はあまり多くなく、実際の実施率はかなり低いと考えられています。


有酸素運動とは?


水泳ここでは、有酸素運動をご説明させていただきます。

有酸素運動は、体の糖質・脂質をエネルギー源とし、全身を使って酸素を消費しながら行う運動です。

ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、エアロビクスダンスなどが代表的です。

筋肉への負荷が比較的軽い運動がメインになります。

簡単に言うと、20分でも30分でもずっと続けられる運動が有酸素運動です。

1分も続けられないような運動は無酸素運動と呼びます。


♠有酸素運動のメリット


運動有酸素運動を続けることで、体力の増加だけではなく、筋肉の質(インスリン感受性)を改善し

体脂肪量を減少させるため、糖尿病の治療や予防に効果的です。

一般的には1日8000歩-1万歩くを目指し、日常的にしっかりと動くことを意識するのが第一歩です。

歩数計を用いて1日トータルの歩数をカウントすると良いでしょう。

それに加え、主治医の先生と相談してジョギングレベルの運動を週数回行えると、

さらに良い効果が得られると考えられます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です