このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

質のよい睡眠がストレス解消につながる

質のよい睡眠がストレス解消につながる

自分なりの安眠法を見つける

強いストレスが長くづづくと、体の中の分泌系、免疫系、神経系などにさまざまな影響がおよんできます。

当然、ストレスの影響は睡眠にもおよびます。良質の睡眠がとれないと、疲労感、集中力の低下、高血圧、情緒不安定などをもたらし、結果的に、尿酸値の上昇につながります。したがって、ストレス解消の意味でも、質のよい睡眠をとることがとても大切です。

次に、質のよい睡眠をとるためのポイントをあげてみましょう。

①必要な睡眠時間は人それぞれ

必要な睡眠時間は人によって違います。日中眠くならなければ、5時間でも6時間でもかわいません。8時間睡眠にこだわらないようにしましょう。

②寝る前に自分なりのリラックス法を

寝る30分ほど前のぬるめの入浴は、神経をしずめてくれます。好きな音楽を聴いたり、軽い読書をするのもよいでしょう。

③刺激物を避ける

就寝前のカフェインやアルコール摂取は控えます。また、寝る前にパソコンに向かうのもやめましょう。

④毎日同じ時刻に就床

早寝早起きでなく、「早起き」が早寝につながります。休日の「寝だめ」も、生活のリズムを乱す原因になるのでやめましょう。

⑤眠くなったら寝る

無理に眠ろうとすると、かえって頭がさえて眠れなくなります。就寝時刻にこだわりすぎないように。

⑥日中、十分な光を浴びる

朝、起きたら、日光を浴び、「体内時計」をリセットしましょう。夜は、しっかりと部屋を暗くしましょう。

⑦規則正しい食事と適度な運動

特に朝食は心と体の目覚めに重要です。夜の食事は消化のよいものを軽めに。また、日々の適度な運動は、眠りを深くしてくれます。

⑧寝酒は不眠のもと

睡眠薬がわりの寝酒は、かえって深い睡眠をさまたげ、夜中に目覚める原因になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です