このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

認知症予防・ボケ防止のために、何をすればいいの?

認知症・ボケといえば、基本的には徘徊、暴力、排せつの機能がうまく出来ないなどと思い浮かぶでしょう。

これらは周囲を巻き込んで多方面へ迷惑をかけることになり、周囲の負担やストレスも相当なものになっていきます。

一般的には、認知症予防としては、栄養バランスの良い食事、適度な運動、脳への刺激などを日常的に行うことです。

当たり前のようなことですが、これらは毎日の生活の中で常に実践し続けるというのもなかな大変なことです。

認知症の人へ対する周囲の姿勢も大切です。認知症といっても、本人に感情は残っています。むしろ残っている分、不安などを非常に大きく感じるのです。

でも、何が不安なのか解らず周囲も理解してくれません。そういったことからも徘徊、暴力が悪化していく傾向があるのです。

実はこのような症状は、環境要因もありますが、本人の元々の性格もかなり影響されると言われます。温厚で人に頼るのがうまいタイプはあまり諍いがなく、逆のタイプは暴力行為を起こしがちという傾向もあるようです。

また、周囲が肯定してくれるという感情をどれだけ本人が持てるかで、認知症の症状の現れ方や進行速度は変わってきます。

はっきりした原因が解らず、治療法が確定されていない病気である認知症、まず「人として受け入れること」これが周囲の人ができる認知症対応の基本であるといえましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です