このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

認知症予防に効果的な方法について

認知症予防に効果的な方法について

認知症予防のためにいろいろな方法がありますが、今回は趣味としておすすめなものをご紹介します。

♣ ゲーム

ジャンルにもよるのですが、「パズル系」の考えるタイプのゲームはおススメです。

リズムを刻んだりする音ゲーもおすすめです。パズルは頭の体操にもなりますし「脳トレ」系のゲームはスピードも重視されます。

ネッ集すると、頭の中が熱くなって結構熱中してしまうという人も多くいるようです。

ですから、パズルやリズムゲームなど、ただ単にボタンを押していれば進むという形のゲームではないタイプのゲームを趣味として持っておくことは、認知症予防になると思います

♣ 料理

食材の組みあわせから完成品を作り出す料理は、身近で生活に直結した趣味です。認知症になると料理ができなくなってしまう可能性が高いと言います。

それは脳細胞が死滅し、海馬が衰退するために色々な生活上のことができなくなっていくからです。

料理本を元に作るのもよし、クックパッドで調べながら料理を作るのもよし、とにかく手を動かしながら頭で考えるという作業を行うことは、認知症の予防に効果的です

♣ クロスワードパズル

一日中、クロスワードを解いていますが、これによって父の脳細胞は活性化しているように思えます。本人も頭の中が疲れつつもスッキリするといいます。

最初に書いたゲームに通ずるものがありますが、こちらはアナログで指先で鉛筆を持ち、マス目を考えながら漢字やカタカナを書き、埋めていく作業を行うため、非常に頭脳戦を強いられる認知症予防ではないでしょうか

♣ ラジオ体操

毎日行うことは立派な趣味です。 父はこれに加え、太極拳も行っています。体操が必要というと、デイサービスセンターなどでも「棒体操」を取り入れているところも多いですが、体操は血流を良くさせ、健康にも良いため、体に血流を送り込むには体操を趣味にするのは一番です。

毎日ラジオ体操や太極拳を行っている人は、非常に脳内の血流も活性化します。単純に運動不足を解消するためという目的以外にも、体操は意外と大切なことなのです。

このように、ゲームや体操は「体の部位を使う」ということを重要視しているため、指先を使い認知症予防に効果のあることをやっていくことは非常に大切なことと言えるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です