このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

老人病の代表的な病気ー脳卒中について

老人病の代表的な病気ー脳卒中について

大辞林辞典によると、老人病は高齢者に多くみられる疾患の総称です。

中には多くの病気は壮年期に発病し、老年期にまで慢性的に進行するので、成人病と区別できないことが多いとされます。

したがって老人病の範疇に入る病名は限りなくあるが、代表的なものとしては、

中枢神経系の血管損傷 (脳卒中など) 、悪性腫瘍 (癌など) 、心臓疾患(高血圧性心疾患,心筋梗塞など)、

老年精神病、老年性認知症、変形性関節炎、白内障などがあげられます。


♣脳梗塞とは?


最近,老人問題や人口高齢化問題が深刻な社会問題化になることにつれて,これらの老人病は

特に予防の面から重視されるようになっていくべきです。以下はよく発症する脳梗塞をご紹介します。

よく聞く脳卒中は、実は病名ではなく、脳の血行障害のために起きる状態を総称した言葉です。

1981年までは日本人の死亡原因のトップを占めていました。

現在は治療技術の進歩で死亡に至るケースは減っているが、患者数はむしろ増え続けています。

この病気の怖さは、突然おそってくることだけではなく、治療で命はとりとめても、

半身マヒや言語の障害といった後遺症が残る場合が多いことです。

そのため、寝たきりになる原因の一つとなっています。


♣脳卒中の分類


脳卒中と呼ばれるものには、大きく分け、脳梗塞と脳出血(脳溢血)があります。

脳出血は文字通り、脳内の血管が破裂する状態とされます。

高血圧の項で見たように、弱くなった血管が血圧で破れ、血腫(血のかたまり)が神経細胞にダメージを与えます。

前触れはほとんどなく、高血圧や動脈硬化の人は注意が必要です。

以上の二種のほかに、くも膜下出血と一過性脳虚血発作があります



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です