このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

発明家・実業家の中松さんの体験談から健康飲食の重要性をご紹介

発明家・実業家の中松さんの体験談から健康飲食の重要性をご紹介

発明家・実業家の中松さんは自身の体験談で、タンパク質や塩分などの制限をはじめ、

健康に関する高い意識がうかがわれます。健康的な食事生活をみなさんにご紹介させていただきます。


よく噛む

1.よく噛んで食べる  

よく食べることは脳のアンチエイジング体操

 

あごを動かすと脳の血流が増やし、筋肉が収縮することで長寿遺伝子が活性化します。

よく噛むことで脳全体の活力も増やし、血管の流れが良くなり脳梗塞のリスクが軽減されます。

また、噛む回数が多くなると満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを防いでくれる効果もあります。

さらに、あごをよく動かすと連動して足腰の筋肉も強化され、顔筋もストレッチされるのでシワやシミを予防できます。


幸せ2.塩分  

量だけではなく、質の良い塩で体調管理

 

塩分の摂り過ぎは高血圧の原因となるので、控えたほうが良いと言われます。

中松さんもきちんと管理なさっていて、体を気遣っていますね。

しかしながら、塩の量だけではなく、質に関してもみなさんに注目して気遣っていただきたいと思います。

大きく分けると精製塩と自然塩に分類されます。自然塩には岩塩と海塩があり、岩塩は陸のミネラルバランスを反映します。

とくに海塩は、マグネシウムが豊富に含まれた健康的な塩と考えられます。

人体には塩も必要なので質の良い塩を選び、適量を採り入れましょう。


 

医師コメント:

すべてを楽しもうという精神がなければ前向きになれないし、

ステップアップもできず退化するだけです。

進んで難しい方を選びながら、

なおかつ楽しんで取り組むというチャレンジ精神が、

中松さんの若さの秘訣ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です