このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

更年期障害は食事療法で思わない効果ができる?

更年期障害は食事療法で思わない効果ができる?

中国では、「薬より食事のほうが何より効果的」ということわざがあります。

このことわざから食事療法という治療方法が誕生できました。

そして、もう一つのことわざがあります:「薬の3分が毒」つまり、薬には副作用があるということです。

ですから、食事療法がはやってきました。

以下は更年期障害を軽減する大豆イソフラボン療法をみなさんにご紹介させていただきます。


更年期障害症状

閉経を迎える前後、女性はさまざまな心身の変調を経験します。

比較的軽いケースや体のトラブルを引きずるケースもあります。

これがいわゆる「更年期障害」で、エストロゲンという女性ホルモンが減少することで起こります。

人によって現われ方はさまざまで、ほてりや頭痛、肩こりや腰痛といったものから、

めまい、動悸、発汗、のぼせ、冷え、イライラやそううつ状態などがあります。最近は男性の更年期障害も知られてきました。


イソフラボンで更年期症状緩和

つらい症状を緩和するには、減少するエストロゲンを食品で補うのが効果的です。

エストロゲンと似た物質がイソフラボンで、大豆や豆腐、味噌、納豆、まな粉、豆乳などに豊富に含まれています

イソフラボンには骨粗しょう症予防のはたらきもあるので、女性には見逃せない成分です。

できれば毎日朝食で摂るようにするとよいでしょう。気をつけたいのが、イソフラボンはあくまでも食材で摂ることです。


サプリメントの過剰摂取は禁止

サプリメントなどで摂取すると過剰になってしまい、逆にホルモンバランスが崩れやすくなります

また、ビタミンEも、更年期障害で崩れたホルモンバランスを正常に戻すときに欠かせない成分です。

ナッツ類に多く含まれているので、アーモンドやピーナッツなどをおやつ代わりにしたり料理に使ったりして、

積極的に摂るようにしましょう。


生活環境栄養状態は更年期障害の影響

生活環境や栄養状態は更年期障害にも大きな影響を与えると言われます。

症状に個人差はあっても、多かれ少なかれ誰もが通る道だと考えて、受け止めることが大切です。

症状を軽減するのに効果的な食品をつとめて摂りながら、趣味などの楽しみを見つけて生活するようにしましょう。

この時期にストレスを抱えず、自然にやり過ごしていくことがポイントです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です