このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

健康長寿にできる秘訣、あなたは知っているの?

健康長寿にできる秘訣、あなたは知っているの?

願わくば長生きをしたいです。しかも寝たきりではなく、健康で自立した暮らしを営みながら長寿を全うしたいです。

これが多くの方々の願いではないでしょうか。

♥健康長寿の条件

 自分の足で歩いて、段階の上がり下がりができること

 自分の頭で判断できること

 自分の歯(または入れ歯)でよく噛めること

以上三つを押さえておけば、健やかに100歳を迎えることができます。そのために何が必要かというと、

 食事(食べる順番を守る・しっかり噛む)

♦ 一日一回は外に出て、歩く

♦ 人に会い、集団の中でコミュニケージョンを取る

以上の3点に注意し、積極的に行うようにしましょう。

そして、食事の中でもっとも重要なのが、朝ごはんです。これは理論的な根拠があります。

♥朝食の重要性

朝食をきちんと食べてその後ランチを摂った場合と、朝食抜きでランチを摂った場合を比べた研究では、

後者は血糖値を下げるため、より多くのインスリンが必要になるという結果が出ました。

そして、元気な100歳の人は、みなさん朝食をきちんと摂っている方ばかりだったのです。

元気な100歳は、朝食の内容も共通している部分が多いです。

血糖値を上げないものを選び、炭水化物は少なめか、むしろ摂らないなどです。


♥朝食の注意点

一般的に老化防止に効果的な朝食には、食材では野菜がおすすめです。

食物繊維が豊富で、生きるための力であるフィトケミカルもたっぷりです。

これらは血糖値が上がりにくく、体内細胞がサビるのを防いでくれる食材です。

食べる順番も重要です。最初にご飯やパンなどの炭水化物を食べてしまうと、

それらは胃や十二指腸で吸収されるので血糖値が急上昇し、すぐに反応してインスリンが大量に出てきます。

「インすイン抵抗性」という状態を招き、これが続くとインスリンの効きが悪くなり、やがては認知症機能が下がり、

もしくは骨粗しょう症になり、寝たきりになります。最初に野菜などを食べて食物繊維が入っていると、

炭水化物が下がるほど、血糖値の上昇は穏やかになり、インスリンの分泌も少なくて済み、

機能を温存することができるのです。朝食はじめ、食事をする際はまず食物繊維を先に摂り、

それからタンパク質や炭水化物を摂るように心がけることが、アンチエイジングの需要なポイントです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です