このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

ビクラムヨガで効果的な身心健康をしてみよう!

ビクラムヨガで効果的な身心健康をしてみよう!

♠ビクラムヨガとは?

ビクラムヨガは、インドのカルカッタから生まれたヨガの一つです。

ビクラム・チョードリーによって考案されたビクラムヨガは、平均室温40℃、湿度40%以上のスタジオで、90分間のレッスンを行います。高温多湿の環境は、筋肉を温めて柔らかくするため、通常の室温よりもさらに柔軟性を引き出します。

また、高温多湿の場所で体を動かすと、発汗作用によって毛穴が開き、デトックス効果が高まります。すると、血液やリンパの流れも良くなり、免疫力を高める効果が期待できるのです。

ビクラムヨガは、通常のヨガよりも、さらに効率的にヨガの効果を得られるものなのです。ビクラムヨガのプログラムは、1セット90分です。90分を高温多湿の場所で過ごすのはきついように思えますが、ビクラムヨガでは、ポーズの完成度を重視しません。

休み休みでも90分の時間を自分のペースで過ごすことに重点を置きます。ビクラムヨガに慣れてくると、次第に達成感と爽快感をあじわえるようになるでしょう。

♠毎回同じポーズと呼吸を繰り返します

一般的には、ヨガは生徒の前で先生がポーズをとって見本を見せてくれるのが当たり前の光景ですが、ビクラムヨガの場合、ポーズの見本は一切ありません。

ビクラムヨガは、全てのポーズを言葉で伝えます。先生の見本を前にすると、無意識に見本を見ようとして、姿勢が歪んでしまうからです。

また、鏡に映る自分の姿を意識して見る事が求められます。自分自身を見つめ直し、先生の言葉に耳を傾けて、体本来の力を目覚めさせるのがビクラムヨガの目的です。

ビクラムヨガは、90分のレッスンで毎回同じポーズを行います。プログラムは世界共通で、世界中どこのビクラムヨガスタジオに行っても、同じ内容のレッスンが行われています。

ビクラムヨガで用いられるのは、2つの呼吸法と26のポーズです。これを毎回同じ順番で行う事で、全身をケアし、ビクラムヨガの効果が最大限に得られるように考えられています。

一つ一つのポーズにそれぞれ効果がありますが、90分間通して行う事により、全身の健康を手に入れるのが最終的なゴールです。

♠効果を発揮するためには水分補給と休みが大切です

ビクラムヨガは、高温多湿の場所で行うため、通常のヨガとは違った注意点があります。最も大事なのは、水分補給についてです。

ビクラムヨガでは、最初の4ポーズを行うまでの25分間は、体を温めるため、水を飲まない事になっています。

もちろん、どうしてもつらい場合は水分補給をしてもかまわないのですが、ビクラムヨガの効果を最大限に引き出すためには、その25分間は水を飲まないようにする方がいいです。

そのため、レッスンが開始される前に十分な水分補給を行いましょう。

90分のレッスンで飲む水分補給の目安は、レッスン前後を含めて1リットル程度です。最初のうちは90分間レッスンに付いていくのが難しいかもしれませんが、自分のペースで休みを取る事もビクラムヨガの一部です。

休むときは、せっかく温まった体を冷やしてしまわないよう、そのまま自分のマットの上で休むのがベストです。高温多湿のため、目を閉じるとめまいが起きやすくなるので、休むときは目を開けておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です