このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

よく噛むことで老化防止できる?これは本当なこと?

よく噛むことで老化防止できる?これは本当なこと?

食品以外でボケ防止に重要なのが、よく噛むことです。


イケメン英国首相ブラッドストンがルーツの体験談

「目標は一口30回」とよく言われますが、この回数の根拠は19世紀の英国首相ブラッドストンがルーツです。

84歳まで現役だった首相に新聞記者が元気の秘訣を尋ねると「天は私たちに32本の歯をさずけてくれました。

ひと口ごとに、それらをすべて使ってかむようにしている」と答えました。

一口32回の咀嚼が80代の首相の激務を支えたとあって、これが広まり30回が模範となったのです。

 


噛むよく噛むメリット

噛むことによって、物理的でよい刺激が脳に伝わります。

しかも沢山噛むと満腹感が得られるので、過食の予防につながります。

加えて、噛めば噛むほど、そしてゆっくり噛むほど、唾液が沢山出てくるのも大きなメリットです。

唾液には炭水化物の消化吸収に役立つアミラゼーという酵素や、リゾチームやヒスタミンほか殺菌、抗菌作用のある様々な物質がまれています。

しかも最近の研究では、老化に結びつく活性酸素を除去してくれる、

ペルオシダーゼという酵素が含まれていることもわかってきました。


よく噛むことで食事を気楽になります!

歯老化を防ぐたければ、噛みごたえがしっかりするものを意識して選ぶようにしましょう。

牛肉ならサミが入った柔らかい部分でなく赤身を、野菜ならごぼうやにんじんなどを、魚介ならイカやタコなど、よく噛まなければ食べられないものを選んで、しっかり噛みながら老化防止につとめましょう。

よく噛むと食事時間も長くなり、料理がゆっくり味わえます。

これも一つのメリットです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です