このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

このサイトは長生きする、病気しない、ボケしないように健康的な食事をご紹介します。

あなたにもある「見えない」食物アレルギー

あなたにもある「見えない」食物アレルギー

腸を健康に保つためには、腸への負担を軽減することが肝要である。そこで注意したいのが、「アレルギー」だ。

アレルギーというと、みなさんは何を思い浮かべるだろうか。花粉症、卵やそばなどの食物アレルギー、鼻炎、喘息……。もちろん、これらは注意すべきアレルギーの症状だ。

でも、それだけではない。前述のアレルギーは基本的にIgEという免疫グロブリンが関与した急性型のアレルギーである。じつは、IgEという免疫グロブリンが関与した、症状が軽い代わりに、もう少し長く続くアレルギーがあるのだ。このアレルギーには自分では気がづかないことが多い。

ショーシャ博士のクリニックでも私のクリニックでも、患者さんにどんなアレルギーがあるかを調べる検査をおこなっている。その結果から見ると、何かしらの食品にアレルギーを持っていない人は、ほとんどいないと言っていい。

誰でも、何かの食品にはアレルギーを持っている。食べると舌がちょっとピリッとする、疲れやすくなる、消化不良を起こしやすい、胸やけがするなど、アレルギーの症状は多岐にわたる。これは、ひとりひとり免疫反応が異なるためで、アレルギーとひと口に言っても、さまざまな症状が出るのである。そのため、自分がどんな食品にアレルギーを持っているか、把握できていないこともしばしばである。こうした目に見えにくいアレルギーは、腸の健康を保つためには非常に厄介な存在だといえる。

しかし、気づかない程度の症状であっても、我慢的に続けば、細胞の炎症を引き起こし、老化のスピードを早めてしまうことになるので、なるべく避けるに越したことはない。とくに前述のIgE型のアレルギーを持っているかを認識していくことが必要になる。これを正確に判定するには、ちゃんと医療機関で検査を受ける(ただし、日本ではIgE型のアレルギーを調べてくれるところは少ない)しか方法はないのだが、自分でもある程度、予測していくことは可能だ。

「この食品を食べたあとは、体がだるくなりがちだ」「これを食べると、なんか胸が気持ち悪くなる」など、体の声に敏感に耳を傾ける。そういう食材を避けるようにするだけで、アレルギーの悪影響を遠ざけることができるのである。

不思議なことに、自分が好きな食材ほどアレルギーを引き起こすもとになっていたりする。もし心当たりのあう食材があれば、なるべく避けるようにしたほうが賢明である。

自分の体調を注意深く観察すること。そうして、“見えない”アレルギーから腸と体を守ることを心がけよう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です